読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感保持者からの反論(其の二十二)

音感の正体

 

絶対音感と聞くと、何となく高さ(トーン・ハイト)と言う

「定量的な概念」

を絶対的に捉えることで実現されているような
イメージを持っている人も多いかも知れませんが、
前回のように協和(トーン・クロマ)と言う

「定性的な概念」

を絶対的に捉えることでも音名の特定は可能になります。

 

実際、

絶対音感はトーン・ハイトによって実現されている」

と仮定しても説明が付かない現象、例えば

オクターブエラー」

のような「其の十三」「其の十四」で取り上げた現象も、

絶対音感はトーン・クロマによって実現されている」

と仮定すると説明が付きます。

 

では、トーン・クロマを相対的に捉えるとどうなるでしょうか?

トーン・クロマを相対的に捉えると、

「トーン・クロマが階名/移動ドを示す」

ため、移調してもトーン・クロマが変化しない、
つまり、

「トーン・クロマの一致 = 移調のもとでの等価性」

を意味します。

「相対音感はトーン・ハイトによって実現されている」

と言った内容の文献を見掛けることがありますが、
相対音感は音の定量的な変化ではなく、

「定性的な変化を捉えている」

つまり、

「相対音感はトーン・クロマによって実現されている」

と私は考えています。

 

よって、絶対音感が相対音感を実現するトーン・クロマとは

「別次元」

のトーン・ハイトによって実現されていると仮定すれば、
絶対音感と相対音感の共存は可能だと考えられますが、
オクターブエラー等の現象に説明が付かなくなります。

また、絶対音感が相対音感と

「同次元」

のトーン・クロマによって実現されていると仮定すると、
定性的な概念であるトーン・クロマ上、

「絶対と相対、この2つの考え方は同時に両立し得るのか?」

と言う疑問にぶつかります。

みなさんはこの辺りの矛盾をどのように考えますか?

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二十一) (其の二十二) (其の二十三) (其の二十四)