読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感保持者からの反論(其の十六)

音感の正体

 

オクターブ等価性」と言うのは、

オクターブだから等価」

なのではなく、

オクターブを実際に等価と感じるような仕組み」

で人間が音を認知するからこそ等価に、
同様に「移調のもとでの等価性」と言うのは、

「移調のもとでの等価性が保たれているから等価」

なのではなく、

「移調のもとでの等価性を実際に等価と感じるような仕組み」

で音を認知するからこそ等価になると私は考えています。

 

「高さ」と言う概念、つまりトーン・ハイト上で考えれば、

オクターブは高さ(周波数)の異なる別の音」

であり、

「移調された曲は高さ(周波数)の異なる別の曲」

であって、等価性が成立しないことは明らかです。

 

オクターブは周波数を2のn乗倍したもので、
例えば1オクターブは周波数比が1:2、
   2オクターブは周波数比が1:4になります。

また、移調と言う操作は各音の周波数に一定数を
掛けるだけなので全体の周波数比は維持されます。

いずれも周波数そのものではなく周波数比に対応した感覚、
つまり、トーン・ハイトではなく

「トーン・クロマ上で等価性が成立する」

と考えるのが自然ではないでしょうか?

 

特に「移調のもとでの等価性」に関しては相対音感上、
周波数比を捉える基準(音律上1:1の「1」の中身)が
音楽的文脈に応じて、

「ダイナミックに変化」

することで初めて成立すると考えられますが、
もし絶対音感

「トーン・クロマによって実現されている」

と仮定すると周波数比を捉える基準は、

「常に特定の値に固定」

されていなければなりません。

つまり、

絶対音感と相対音感は共存できる」

と考えると矛盾が生じることになります。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二十一) (其の二十二) (其の二十三) (其の二十四)