読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感保持者からの反論(其の十三)

 

絶対音感は1つ1つの音高を記憶している」

絶対音感は音高を特定することに特化した能力で、
 音楽的な能力ではない」

と言った意見を耳にすることがありますが、
おそらくこうした考え方は絶対音感が音の関係性ではなく、
1つ1つの音の高さ、つまり周波数に対応した感覚、

「トーン・ハイトで実現」

されていることを前提としているのではないでしょうか?

 

もし絶対音感がトーン・ハイトで実現、
つまり相対音感を実現している

「トーン・クロマ(周波数比/音の関係性)」

とはまた別の次元で実現されているのであれば、

絶対音感と相対音感は共存できる」

と言う考え方も理解できます。

 

しかし、絶対音感保持者が音高を特定する際に
音名は正しいがオクターブを間違える

オクターブエラー」

と呼ばれる現象があります。

もし1つ1つの音高を記憶しているのであれば、
オクターブと言う明らかに高さの違う2つの音を
間違えるはずがありません。

「本当の絶対音感は周波数が分かる」

と主張する人もいるようですが、

「果たして絶対音感はトーン・ハイトで
 実現されているのでしょうか?」

 

ちなみに1つ1つではなく1つの音高だけを記憶し、
その音高を基準にして相対音感で音高を特定する能力を

「仮性絶対音感

と言います。

この仮性絶対音感は、

「大人になってからでも身に付けられる絶対音感

として取り上げられることもありますが、
本記事の対象としている絶対音感、いわゆる

「真性絶対音感

とは区別して考えたいと思います。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二十一) (其の二十二) (其の二十三) (其の二十四)