「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感保持者からの反論(其の十二)

 

人間の感覚が周波数比に対応していることは
疑いのない事実だと思います。

このことは「其の十」でも触れましたが、
「ドレミファソラシド」の基盤となる「音律」が、
決して「周波数そのもの」ではなく、

「周波数比」

で規定されていることからも明らかです。

 

絶対音感は音を比較しなくても・・・、
 相対音感は音を比較すると・・・」

と言った説明をしばしば見掛けますが、
みなさんは、

 音を比較しない = 優れている
 音を比較する  = 劣っている

と思い込んでいませんか?

 

実は実際に比を取ること、つまり

「比較すること」

で初めてそこに音楽的な意味が生じると私は考えています。

逆に比較しないと言うことは、

「それは全く別の行為」

であって、その優劣を競っても全く意味のないことです。

 

なお、ここで「比較する」と言っているのは、決して

「音の高低を比較」

することではなく、

「周波数の比を取る」

ことを指しています。

 

相対音感は音が高い低いと言う感覚、
つまり、

「トーン・ハイトで実現」

されていると説明されることがありますが、
例えば2音X、YのXとYの音高が分からずして、
どうしてXとYの音の高低差が求まるのでしょうか?
これを合理的に説明できる人はいますか?

 

相対音感は周波数に対応したトーン・ハイトではなく、
周波数比に対応した感覚、つまり

「トーン・クロマで実現」

されていると私は考えています。

では、絶対音感はトーン・ハイトとトーン・クロマ、

「どちらで実現されているのでしょうか?」

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二十一) (其の二十二) (其の二十三) (其の二十四)