読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感保持者からの反論(其の十)

音感の正体

 

移調された曲は物理現象として見れば
周波数が異なる明らかに別の曲です。

にもかかわらず人間には同じ曲として認識される、
言い換えれば、

「移調のもとでの等価性」

を感じるのは、人間の感覚が

「(周波数)比」

に対応しているからです。

これは「ドレミファソラシド」が音律と呼ばれる
周波数比が基盤になっていることからも明らかです。

と言うよりも、人間の周波数比に対応した感覚に基づいて、
「ドレミファソラシド」が生まれたと言えるでしょう。

 

2次元の相対音感上で移調した場合、

「調のピント自動調節機能」

によって縦軸が平行移動するだけなので、
横軸、つまりクロマ感覚は一切変化しません。

 

f:id:raykawamoto:20150225195742g:plain

 

一方、1次元の絶対音感上で移調した場合、
横軸、つまりクロマ感覚が変化してしまいます。

 

f:id:raykawamoto:20150225195844g:plain

 

相対音感は調によってクロマ感覚に差異が生じないのに対し、
絶対音感は、

「調によって差異が生じるシステム」

と言えます。

クロマ感覚が変化すれば曲の雰囲気が変わったとしても、
つまり調性格が生じたとしても何ら不思議ではありません。

 

絶対音感の視点から見れば、
調に関係なくメジャースケールが全て
「ドレミファソラシド」に聴こえてしまったら、

「調による違いがなくなってしまうのでは?」

と思うかも知れませんが、

「全くその通り」

です。

しかし、逆に違いが生じないからこそ、

「移調のもとでの等価性が成立する」

と私は考えています。

 

相対音感では、

「クロマ感覚が完全に一致することは、
 移調のもとでの等価性が保たれていること」

を意味します。

では、絶対音感の場合、

「どのような仕組みで移調のもとでの等価性が
 判別されるのでしょうか?」

非常に興味深いところです。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二十一) (其の二十二) (其の二十三) (其の二十四)