「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感保持者からの反論(其の九)

 

「移調のもとでの等価性の判別が不正確」

と言うことは、逆に

「調によって差異が生じている」

とも言えます。

 

移調と言う操作は半音上に移調するごとに
各音の周波数に2の12乗根を掛けるだけなので、
全体の周波数比は変わりません。

つまり、移調された曲は周波数上、

「相似の関係」

と言えますが、各音の周波数に一定数を掛けることで、

「果たして曲の雰囲気は変わるのでしょうか?」

 

みなさんの中には調性格は曲自体が持つ性質で、
その調性格を感じ取ることが優れた能力だと
思っている人もいるかも知れませんが、
調性格は曲自体が持つ性質ではなく、
実は聴き手が調によって差異、つまり

「調性格が生じるような仕組みで
 音を認知しているのでは?」

と私は疑っています。

 

なお、調性格については

「それが何に起因するか?」

と言う議論もありますが、ここでは

「移調のもとでの等価性が保たれていること」

を前提に話を進めています。

例えばハ長調純正律に調律されたピアノは
ハ長調以外の調から見れば純正律ではない別の音律で、
調が変われば当然音律も変わり、
調性格も変わるかも知れませんが、

「移調のもとでの等価性が保たれていません。」

それは調の違いに直接起因するのではなく、
音律の違い、つまり

「調の性格ではなく、音律の性格」

と言えるでしょう。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二十一) (其の二十二) (其の二十三) (其の二十四)