「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感保持者からの反論(其の二)

 

どうも私には

「○○が分かる(できる)から相対音感がある」

と言った理屈、あるいは逆に

「相対音感は○○が分かる(できる)能力」

と言った定義は、相対音感と言うものが

ブラックボックス

に見えてしまい、その実態が全く感じられません。

 

もちろん、それも1つの考え方だとは思いますが、
それはあくまでも議論のスタート地点であって、
そこから

「それがどう実現されているか?」

と言う部分が言及されて、
初めてその理屈が説得力を持つと考えています。

 

しかし、反論者の方の話を聞いていると、
「○○が分かる(できる)から相対音感がある」

 以上、Q.E.D.(証明終わり)

的にどうもそこが話の終着点になっているようで、
その先の肝心な「それがどう実現されているか?」
と言う部分が全く見えてこない、正直私には

「何の興味もない話」

になってしまいます。

 

また、

「音楽的に重要なのは絶対音感ではなく、相対音感」

と言われていますが、

「相対音感がどう実現されているか?」

も突き詰めて考えれば、

「人間が音楽的に音をどのように認知しているか?」

であって、少なくとも
「相対音感は○○が分かる(できる)能力」のように、

「簡単に一言で定義できるようなものではない」

と私は考えています。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二十一) (其の二十二) (其の二十三) (其の二十四)