読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感保持者からの反論(其の一)

音感の正体

 

先日、絶対音感保持者の方から

絶対音感と相対音感は共存できる」

と言う反論を受けたのですが、
この辺りの話は前提条件、例えば

「絶対音感と相対音感をどう定義するか?」

等で考え方も変わってくるため、
相手の意図を汲み取る努力をしない限り話が噛み合わず、
無益な議論で終わることも多いのではないでしょうか?

そこで、今回のブログ記事は反論者の方と私とで

「話が噛み合っていない」

と感じた部分に着目してみたいと思います。

 

絶対音感保持者の方から受けた反論の根拠としては、

・移調された曲が同じ曲だと分かるから相対音感がある
・移調できるから相対音感がある
・和声を感じ取ることができるから相対音感がある

ざっくりそんなところでしょうか?

確かにこれらの条件は相対音感があることの
「必要条件」とは言えるかも知れませんが、
十分条件とは言えないのではないでしょうか?

私の場合は

「○○が分かる/分からない(できる/できない)」

と言った表面的な結果ではなく、

「それがどう実現されているか?」

と言う内面的なプロセスに着目しているので、
その時点で既に話が噛み合っていないのですが、
それ以前に例えば

「和声を感じ取ることができるから相対音感がある」

と言う理屈自体が

風が吹けば桶屋が儲かる

ではないですが、私には全くピンと来ません。

私からすれば、

「では、どうして絶対音感では
 和声を感じ取ることができないのでしょうか?」

と逆に訊きたいところです。

 

確かに、

絶対音感は個々の音高を特定する能力で、
 音楽的な能力ではない」

と言った意見もありますが、それもまた

「1つの仮説」

に過ぎません。

そして、上記のような反論の根拠もおそらくは
この仮説に基づいているのではないでしょうか?

 

結局のところ絶対音感、あるいは相対音感と言うものが、

「科学的に解明されていない」

現時点では何らかの仮説を基に話を進めていく
必要がありますが、仮説が一致していなければ
当然話が噛み合うはずがありません。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二十一) (其の二十二) (其の二十三) (其の二十四)