「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/12/13 「零式相対音感トレーニング~旋法聴音」
17/12/06 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト(解説編)」
17/11/29 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト」
17/11/22 「零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)」
17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

移動ド超入門~絶対音感と相対音感の違い(其の十四)

 

相対音感は「調のピント自動調節機能」によって、

「どの音が調(調性上の主音)か?」

を判別することはできますが、

「その調が何の音か?」

つまり、

「何調か?」

は残念ながら分かりません。

 

しかし、音楽を聴く上でその曲が何調であるかは、

「実は大して重要な情報ではない」

と私は考えています。

 

例えば「月の公転」と言う現象に着目したとき、
(公転の中心である)地球から月を観測すれば、

「月が自分(地球)の周りを回っている」※

ように見えます。

※地球の大きさや地球の自転を考慮しないものとします。

 

このとき、

「地球から観測された実際の風景」

にこそ意味があるのであって、

「地球が今、太陽系(銀河系)のどこに位置しているか?」

なんてことは分からなくても、月を観測することはできます。

 

実は全く同じことで、「何調か?」は分からなくても、

「どの音が調(曲の中心)か?」

さえ分かれば(周波数)比を取ることができます。

そして、調を基準とした周波数比(クロマ)、
言い換えれば、

「調(調性上の主音)から観測された風景」

こそが正に、

「移動ドの世界」

と言えるでしょう。

 

なお、「観測点」と言う視点ではコチラの

「絶対音感と相対音感の違いをボールでわかりやすく例えてみた」

の記事も参考にしてみてください。

(次回に続く・・・)

 

関連記事 

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)