読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

移動ド超入門~絶対音感と相対音感の違い(其の十)

 

科学雑誌『Newton』の今月号(2015/4)にて、

絶対音感と脳の記憶にかかわる部位との関連性」

が記事として取り上げられていました。

※出典はコチラの記事のようです。
『The Journal of Neuroscience』(January 2015/1/7)
「Bridging the Gap between Perceptual and
 Cognitive Perspectives on Absolute Pitch」

 

そもそも、

「どうして人間は音楽を美しいと感じるのでしょうか?」

曲を構成する各音の高さ(固定ドや周波数)が分かると、
言い換えれば固定ドや周波数の概念で音が認知されると
美しいと感じるのでしょうか?

 

人間がコードやハーモニーを美しいと感じるのも、
またオクターブ等価も決して

「周波数そのもの」

が持つ性質から生じるのではなく、

「周波数比が織り成す響きから生じるもの」

で、固定ドや周波数と言った音高を捉えることよりも

「正確な周波数比を捉えること」

言い換えれば、

「固定ドではなく、移動ドの概念で音が認知されること」

が重要だと私は考えています。

 

そう言った意味で2次元(相対音感)のシステムは、

「あらゆる基準ピッチに対応した正確な周波数比」

を捉えることができる柔軟なシステムと言えるでしょう。

 

f:id:raykawamoto:20150213202701g:plain

 

そして、ここで重要なポイント。
それは2次元(相対音感)のシステム上では
基準(縦軸)が「調のピント自動調節機能」により
曲に合わせてフレキシブルにシフトするため、

「自分自身が基準を持つ必要、
 つまり、記憶に依存する必要がない」

と言うことです。

絶対音感の記憶に保存されている基準は

「決め打ちされた基準」

に過ぎず、実際に聴いている曲と

「基準が一致する保証は一切ありません。」

 

そうして考えると、例えば前回の例のように
「3倍高密ピアノ」上で1/6音単位に移調した場合、
絶対音感のようにピッチがずれている、
あるいはピッチのずれが気持ち悪いと感じるのではなく、
逆に相対音感のようにピッチがずれていると

「感じないこと」

にこそ大きな意味があるのではないでしょうか?

(次回に続く・・・)

 

関連記事 

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)