読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

移動ド超入門~絶対音感と相対音感の違い(其の九)

 

前回の移調「半音単位の移調」を想定していましたが、
今回は

「半音よりも細かい単位の移調」

を考えてみたいと思います。

移調と言うよりは、

「基準ピッチの変更」

と考えたほうが分かりやすいかも知れません。

 

では、具体例として以前取り上げました

「3倍高密ピアノ」

「1/6音上に移調」した場合を想定してみましょう。

 

まず、2次元の相対音感では1/6音単位であろうが
何音単位であろうが移調、つまり調の変化は

「全て縦軸に吸収」

されるため、この場合

「縦軸が1/6音上にシフト」

するだけで、やはり横軸(周波数比、つまりクロマ)は
一切変化しません。

 

f:id:raykawamoto:20150228201535g:plain

 

一方、1次元の絶対音感では縦軸がないため、
(調のピント自動調節機能を持たないため)
調の変化を縦軸で吸収することができず、

「横軸が1/6音右にシフト」

することになります。

 

f:id:raykawamoto:20150228201615g:plain

 

半音単位の移調であれば(厳密には平均律の場合)、
移調した音は横軸の目盛りにピッタリと合いますが、
半音よりも細かい単位で移調した場合、

「移調した音は横軸の目盛りに合わなくなります。」

 

絶対音感保持者の中には、
自分が記憶している基準ピッチから外れた音は

・ピッチがずれて聴こえる
・そのピッチのずれが気持ち悪く感じる

と言った症状を持つ人がいるようですが、
その原因は

「調のピント自動調節機能が働かないため
 感覚上、正確な周波数比を捉えていない
(結果的に横軸の目盛りが合わなくなる)」

点にあると考えられます(だからこそ固定ドで聴こえる)。

 

こうして考えると、2次元(相対音感)のシステムが
縦軸をフレキシブルにシフトすることで、

「あらゆる基準ピッチに対応可能な柔軟なシステム」

を実現していることがよく分かります。

(次回に続く・・・)

 

関連記事 

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)