「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

移動ド超入門~絶対音感と相対音感の違い(其の八)

 

では、「其の四」のおさらいも兼ねて、
移調と言う操作を

「2次元の相対音感」と「1次元の絶対音感

に当てはめて考えてみましょう。

 

まず、2次元の相対音感では移調、つまり調の変化は
調のピント自動調節機能によって

「縦軸のシフト」

になるため、

「縦軸(調)だけが変化し、
 横軸(周波数比、つまりクロマ)は一切変化しない」

簡単に言えば、

「『ドレミファソラシド』を何調に移調しても感覚上、
 『ドレミファソラシド』のまま変わらない」

と言うことです。

 

f:id:raykawamoto:20150225195742g:plain

 

一方、1次元の絶対音感では縦軸がないため、
(調のピント自動調節機能を持たないため)
調の変化を縦軸で吸収することができず、

「横軸のシフト」

で対応することになります。

横軸のシフトと言うことは、

「横軸(周波数比、つまりクロマ)が変わってしまう」

簡単に言えば、

「『ドレミファソラシド』を移調するとそれは最早
 『ドレミファソラシド』ではなくなる」

と言うことです。

 

f:id:raykawamoto:20150225195844g:plain

 

絶対音感保持者の中には、

・移調した曲が別の曲に聴こえる
(移調した曲を別の曲として覚える)
・移調した伴奏に合わせて唄えない
(カラオケは原曲キーでなければ唄えない)

と言った症状を持つ人がいるようですが、
その原因は移調によって

「クロマ感覚(横軸)が変わってしまう」

点にあると考えられます。

(次回に続く・・・)

 

関連記事 

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)