「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

移動ド超入門~絶対音感と相対音感の違い(其の七)

 

絶対音感訓練の中で「移調のミス」によって、

「固定ドの『ド』を『ド』と答えていた子が
 移動ドの『ド』を『ド』と答えるようになる」

この不思議な現象をみなさんはどう考えますか?

 

固定ドと移動ドとでは全く次元が異なり、
例えば固定ドの「ド」を固定ドの「シ」や「ド♯」と
間違えるのとは全く意味が違ってきます。

これは「ミス」と言う次元の話ではなく、

「音を認知する仕組みそのものが変化した」

と考えるのが最も自然ではないでしょうか?

 

固定ドの「ド」を「ド」と答えると言うことは、
周波数比1:1が生み出す「ド」と言う感覚(クロマ)が
音楽的文脈に関係なく常に固定ドの「ド」、
言い換えれば「特定の周波数」でのみ生じ、

 

f:id:raykawamoto:20150221195524g:plain

 

そして、移動ドの「ド」を「ド」と答える、
つまり、

「調(調性上の主音)を『ド』と答える」

と言うことは、特定の周波数でのみ生じていた
「ド」と言う感覚(クロマ)が

「調のピント自動調節機能の発現」

によって音楽的文脈に応じて縦軸がシフトし、
移動ドの「ド」、つまり調で生じるように変化した
と私は考えています。

 

f:id:raykawamoto:20150221195614g:plain

 

「生まれたときは誰しも絶対音感」

と言うことは言い換えれば、生まれたときはみんな

「調のピント自動調節機能を持たない1次元の音感」

で、大人になっても絶対音感を保持していると言うことは、
本来人間の成長過程で発現すべき調のピント自動調節機能が

「何らかの理由で発現しなかった」

のではないかと、そして

絶対音感が相対音感に取って代わる」

と言うことは調のピント自動調節機能の発現によって、
1次元の音感が

「調のピント自動調節機能を備えた2次元の音感」

に取って代わったと私は考えています。

(次回に続く・・・)

 

関連記事 

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)