「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

コレって相対音感テスト?(其の五)

 

続いて、

【パターン2】2音X、YのX=階名「ド」とした場合、
       Yの階名を答えるタイプ

について検証してみましょう。

 

【パターン1】は「音程」、【パターン2】は「階名」
と表面的には形式の異なる問題に見えますが、
実際には【パターン1】に答えることができれば、
【パターン2】も答えることができると思います。

 

例えばX=音名「D」、Y=音名「A」とすると、
絶対音感でも【パターン1】のようにその音程が
「完全5度」であることが分かります。

そして、X=階名「ド」とすると、

Yは階名「ド」の「完全5度」上の階名「ソ」

と論理的に計算できます。

 

しかし、それは単にYの音が階名「ソ」だと
論理的に計算したに過ぎず、
実際にYの音が階名「ソ」に聴こえた訳ではありません。

 

もちろんこうした論理的な計算能力も重要ですが、
音楽と言うものは論理的なものである以前に、

「感覚的なもの」

だと私は考えています。

 

だから、決して

「Xの音を論理的に階名『ド』と仮定するもの」

でも、

「Yの音を論理的に階名『ソ』と計算するもの」

でもなく、人間の感覚上X=階名「ド」、Y=階名「ソ」と

「実際に聴こえる(認知される)こと」

にこそ意味があると私は考えています。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九)