読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

コレって相対音感テスト?(其の四)

 

「相対音感は音程」

そして、

「相対音感はトーン・ハイト」

と説明されることがありますが、
果たして本当にトーン・クロマを伴わずして、

「トーン・ハイト感覚だけで
 音程を捉えられる人はいるのでしょうか?」

 

「ドレミファソラシド」

「音律」と呼ばれる「周波数比」

が基盤になっていますが、
その「ドレミファソラシド」間の音程が分かると言うことは、
音を「比」で捉えているからこそ、
つまり、

「トーン・クロマで捉えているからこそ」

だと私は考えています。

 

絶対音感のカラクリ~「ド」は「ド」(其の二十一)

にも書きましたが、人間は決して音名や階名、音程と言った
音楽理論上の概念を直接捉えているのではなく、

「人間は周波数比に対応した感覚(クロマ)に対して、
 音名や階名、音程と言った音楽理論上の概念を
 論理的に当てはめているに過ぎないのではないか?」

と私は考えています。

 

一般的には音程自身に意味があるような、例えば

「長3度は明るい」、「短3度は暗い」

と言ったイメージを持っている人も多いかも知れませんが、
では、

「階名『ミ♭ソ』は長3度ですが、明るいですか?」

また、

「階名『ミソ』は短3度ですが、暗いですか?」

 

絶対音感、相対音感にかかわらず、
音程とは、

「トーン・ハイト次元の感覚的高低差」

ではなく、

「トーン・クロマ次元の論理的高低差」

だと私は考えています。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九)