読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

コレって相対音感テスト?(其の三)

 

【パターン1】2音X、Y間の音程を答えるタイプ

で、X=音名「D」、Y=音名「A」とすると、
絶対音感の場合はおそらくそのまま

X=音名「D」、Y=音名「A」

と認知されるでしょう。

 

この現象を周波数比(クロマ)の観点から見ると、
絶対音感の場合は周波数比を捉えるための基準が
特定のピッチ、多くの場合は音名「C」に固定されていて、

Xには周波数比8:9が生み出す感覚、つまり「レ」のクロマ
Yには周波数比3:5が生み出す感覚、つまり「ラ」のクロマ

が生じていると私は考えています。

 

そして、「Y-X」と論理的に計算することで
2音間の音程が求まります。

しかし、音程が分かったからと言って、
決して相対音感のように感覚上、

「Xに『ド』のクロマ」

が生じるようになる訳ではなく、

「Xにはあくまでも『レ』のクロマ」

が生じているのではないでしょうか?

 

つまり、【パターン1】の相対音感テストができた

「=相対音感がある」

と言うことにはならないのではないでしょうか?

 

一般的には、

「相対音感=音程」

と言うイメージを持っている人も多いかも知れませんが、
そもそも、

「本当に人間は直接『音程』と言う概念を
 捉えることができるのでしょうか?」

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九)