読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

移動ドにおける短調の主音~「ラ」VS「ド」(其の五)

 

一般的にマイナーモード(短調)はメジャーモード(長調)の

「『ドレミファソラシド』を『ラ』から並べ替えたもの」

と説明されることが多いですが、
また実際にそう考えている人も多いかも知れませんが、
実は両者が一致するのは、

平均律での音程関係だけ」

ではないでしょうか?

純正律での音程関係、トニックソルファ法の精神的効果、
およびクロマの観点から見れば、両者は

「決して一致しません。」

 

前回の記事にも書きましたが、音律で規定しているのは

「調性上の主音を基準とした比」

です。

マイナーモードの主音を「ラ」とするのは、

平行調的な考え方」

と言えますが、ここで忘れてならないのは、

平行調は転調」

だと言うこと。

つまり、調性上の主音(音律上の比の基準)が

「変わっている」

と言うことです。

転調しているにもかかわらず、「ド」の位置が変わらない

「固定ド的な考え方」

とも言えるでしょう。

 

一方、マイナーモードの主音を「ド」とするのは、

同主調的な考え方」

と言えますが、

同主調は転旋」

であって、決して「転調」ではないこと(詳細はこちらを参照)

つまり、調性上の主音(音律上の比の基準)は

「変わらない」

と言うことです。

物事は、

「基準を揃えて考えるのが自然」

だと思いませんか? 

 

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

 

 

読譜の問題で重要なのは、

「どう読むか?」

ではなく、

「どう聴こえるか?」

だと私は考えています。

本書では「どう聴こえるか?」と言う視点から、
マイナーモードの主音について言及しています。

興味のある方は是非読んでみてください。

(了)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)