「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

移動ドにおける短調の主音~「ラ」VS「ド」(其の四)

 

下表はメジャーモードの音律(純正律)です。

ファ
1 9/8 5/4 4/3 3/2 5/3 15/8 2

 

そして、下表は…

・マイナーモードの音律(純正律、上行)
・メジャーモードの音律の「ラ」を1として、
 「ラ」から並べ替えたもの(下行)

とを比較したものです。

ファ
1 9/8 6/5 4/3(80/60) 3/2 8/5 9/5 2
1 9/8 6/5 27/20(81/60) 3/2 8/5 9/5 2

 

実はご覧の通り両者は一致しない、具体的には…

「『レ』が81/80倍高い」

音になってしまいます。

つまり、メジャーモード「ドレミファ~」の
音程関係を保ったまま「ラシドレ~」としても、

「マイナーモードの音程関係にはならない」

ことになります。

そもそも音律で規定しているのはあくまでも、

「調性上の主音を基準とした比」

であって、そこで勝手に

「並べ替える」

などと言う操作をしてしまったら、
合わなくなるのも当然のことです。

 

退け、暗き影「固定ド」よ!―ソルミゼーション研究

退け、暗き影「固定ド」よ!―ソルミゼーション研究

 

 

東川清一先生の

『退け、暗き影「固定ド」よ!』

によるとトニックソルファ法のジョン・カーウェインは
この差を重視して、

「この短調のre(レ)をrah(ラ)」

と呼ぶように提唱しているそうですが、
こうした特殊な読み方が発生してしまうのは、
結局のところ、

「音律と符号が一致していない」

からです。ちなみに、

旋律的短音階のfa#をfe(フィ)ではなくbay(ベイ)」

と呼ぶのも同じ原因です。

もちろん音律と符号が一致していれば、
つまりマイナーモードの主音を「ド」とすれば、
メジャー/マイナーの共通部分の音程関係は
下表のように全て一致します。

ミ♭ ファ ラ♭ シ♭
1 9/8  - 5/4 4/3 3/2 - 5/3 - 15/8 2
1 9/8 6/5 - 4/3 3/2 8/5 - 9/5 - 2

 

つまり、特殊な読み方が発生することはありません。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)