読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

移動ドにおける短調の主音~「ラ」VS「ド」(其の四)

 

下表は純正律のメジャーモードの周波数比です。

 

ファ
1 9/8 5/4 4/3 3/2 5/3 15/8 2

 

そして、下表は純正律のメジャーモードの周波数比を
「ラ」から並べ替えたもの(「ラ」を1としたもの)と
純正律のマイナーモードの周波数比(下行)を比較したものです。

 

ファ
1 9/8 6/5 27/20 3/2 8/5 9/5 2
1 9/8 6/5 4/3 3/2 8/5 9/5 2

 

実はご覧の通り、

「両者は一致しない

具体的には、

「『レ』が81/80倍だけ高い」

音高になってしまいます。

つまり、メジャーモード「ドレミファソラシド」の
音程関係を保ったまま「ラシドレミファソラ」としても、

「決してマイナーモードの音程関係を作り出すことはできない」

と言うことです。

そもそも、音律で規定しているのはあくまでも

「調性上の主音を基準とした比」

であって、そこで勝手に

「並べ替える」

などと言う操作をしてしまったら、
合わなくなるのも当然のことかも知れません。

 

ちなみに、マイナーモードの主音を「ド」とした場合、
メジャー/マイナーの共通部分の音程関係は
全て一致します。

 

ミ♭ファラ♭シ♭
1 9/8  - 5/4 4/3 3/2 - 5/3 - 15/8 2
1 9/8 6/5 - 4/3 3/2 8/5 - 9/5 - 2

 

つまり、メジャー/マイナーによって音程関係が
変わることはありません。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)