「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/12/13 「零式相対音感トレーニング~旋法聴音」
17/12/06 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト(解説編)」
17/11/29 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト」
17/11/22 「零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)」
17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

移動ドにおける短調の主音~「ラ」VS「ド」(其の三)

 

マイナーモードの主音を、

「『ラ』とするか?『ド』とするか?」

この問題も突き詰めれば、

絶対音感のカラクリ~「ド」は「ド」

と同じく、

「『ド』と言う感覚がどこから生まれるか?」

に行き着きます。「ド」と言う感覚が、

「1:1と言う周波数比から生まれる」

と考えた場合、この問題はマイナーモード上、

「1:1が生み出す感覚がどの音で生じているか?」
(比を取る基準がどの音に置かれているか?)

に置き換えられます。そして、それは…

「調性上の主音で生じている」

と言うよりも順番が逆で、

「1:1が生み出す感覚が音楽理論上主音になった」

のではないでしょうか?

 

トニックソルファ法におけるメジャーモードの
精神的効果を6番目の「ラ」から並べ替えて、
「ラシドレミファソラ」とイメージすることで、

「全半全全半全全」

と言う音程を作り出してもマイナーモード特有の
暗い響きは決して得られません。

つまり、単に「全半全全半全全」と言う音程が
マイナーモード特有の暗い響きを生み出すのではなく、
「全半全全半全全」の

「どこに感覚上の基準が置かれているのか?」

これが重要だと考えられます。

ちなみにトニックソルファ法における精神的効果は
調性上の主音との周波数比によって生じる音の性格、

「クロマ」

だと私は考えています。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)