「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/12/13 「零式相対音感トレーニング~旋法聴音」
17/12/06 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト(解説編)」
17/11/29 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト」
17/11/22 「零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)」
17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

移動ドにおける短調の主音~「ラ」VS「ド」(其の一)

 

みなさんは階名読み(移動ド読み)における短調
つまりマイナーモード(短旋法)の主音を

「ラ」と「ド」

どちらで考えていますか?

一般的には「ラ」と教えている教本が圧倒的に
多いのではないでしょうか?

そこで、今回はこの問題について考えてみたいと思います。

 

まず、正しい正しくないの議論はさて置き1つ言えること、
それはマイナーモードの主音を「ド」とすると、

読譜が煩雑になる」

と言うことです。

 

f:id:raykawamoto:20141223195953g:plain

 

例えば上図の場合、主音を「ラ」とすれば、

・メジャー/マイナーに関係なく「ド」

と読むことができますが、主音を「ド」とすると、

・メジャーモードなら「ド」
・マイナーモードなら「ミ♭」

と読み方が変わってしまいます。

この場合、東川清一先生の著書でもお馴染みの

「♯はシ、♭はファ、トはソ」

のルールを適用できるのはメジャーモードだけで、
マイナーモードでは、

「♯はレ、♭はラ♭、トはシ♭」

と言うことになります。

また、主音を「ド」とすると、

「ミ♭」、「ラ♭」、「シ♭」

のように3つの音に「♭」が付くことになります。

 

では、果たして本当にマイナーモードの主音は
「ラ」とするのがよいのでしょうか?

 

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

 

 

本書では本ブログ記事とはまた違った視点から
マイナーモードの主音について言及しています。

興味のある方は是非読んでみてください。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)