「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

ギターとバイオリンの指板図からスケールを取り出そう(其の五)

 

f:id:raykawamoto:20141221201652g:plain

 

では、次に完全5度系(上図はバイオリンの指板図)で
考えてみましょう。

 

f:id:raykawamoto:20141221201710g:plain

 

5度音程の2音間の位置関係は
やはり上図のように綺麗に縦に並んでいますが、
ここでも1組だけ例外があります。

それは、

「シファ」

です。

 

「ファドソレラミシ」、いわゆる「5度圏」は当然全て

「完全5度」

ですが、「シファ」間は完全5度より半音狭い

「減5度」

になります。

 

f:id:raykawamoto:20141221201652g:plain

 

バイオリンの指板図を再掲(上図)しますが、
縦の並びにずれが生じているのは、
この「シファ」間だけであることが分かります。

 

f:id:raykawamoto:20141219201542g:plain

 

なお、上図は前回登場した完全4度系のベースの指板図ですが、
完全5度系のバイオリンの指板図と比較すると、

「上下が反転」

しているだけで、他は

「全く同じ配列」

になっていることが分かります。

 

ちなみに、例えば「ドファ」反転させた「ファド」のことを、

「転回音程」

と言いますが、完全4度と完全5度は
ちょうどこの転回音程の関係になります。

 

縦の並びにずれが生じるのも増4度「ファシ」の転回音程
減5度「シファ」になります。

 

バーティカルライン理論Ⅰ バイオリンエディション

バーティカルライン理論Ⅰ バイオリンエディション

 

 

多くの教本では音程やスケール、コードと言った概念が
「五線譜」「鍵盤」を用いて表現されていますが、
実は五線譜や鍵盤では、

「ドレ」、「レミ」、「ファソ」、「ソラ」、「ラシ」

全音

「ミファ」と「シド」

の半音の違いが視覚的に表現できません。

 

一方、指板図はこの違いを視覚的に表現できるため、
音楽理論を視覚的に捉えるのに非常に有効な手段で、
本書でもその利点を最大限に利用しています。

興味のある方は是非読んでみてください。

(了)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)