「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/11/22 「零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)」
17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

ギターとバイオリンの指板図からスケールを取り出そう(其の一)

 

弦楽器をチューニングで分類すると、
多くは次のどちらかに該当するのではないでしょうか?

完全4度系
ギター、ベース、ウクレレ、(三味線)

完全5度系
バイオリン、ビオラ、チェロ、マンドリン、(三味線)

 

その他にもハープのように1音ずつ弦が用意された
楽器もありますが、ここでは完全4度系と完全5度系、
この2種類に着目したいと思います。

 

完全4度系と完全5度系にかかわらず、
絶対的な共通点が1つあります。

それは、当然のことですが、

「弦1本だけに着目すれば、音の配列(規則性)は全く同じ」

と言うことです。

 

f:id:raykawamoto:20141214195702g:plain

ところが1本の弦の上で「ドレミファソラシド」を弾くと、
当然、

「横(フレット)の移動」

が発生します。

※物理的なフレットが存在しない楽器の場合は、
 論理的なフレットをイメージしてみてください。

 

f:id:raykawamoto:20141214195714g:plain

しかし、「ドレミファソラシド」を例えば上図のように
2本の弦の上で弾くと、横の移動が少なくて済むことは
直感的にも分かると思います。

弦楽器では、

「横(フレット移動)よりも縦(弦移動)の方が
 少ない移動で済む」

これが1つのポイントになります。

 

では、

複数の弦にまたがった場合、
 どのようにスケールを取り出したらよいでしょうか?」

それが次回のテーマです。

 

バーティカルライン理論Ⅰ ギターエディション

バーティカルライン理論Ⅰ ギターエディション

 

 

本書では指板図に

「縦の補助線」

を弾くことで、指板図からスケールを取り出す方法が
書かれています。

 

また、一般的には3種類のスケールポジションが有名ですが、
(通称スリーノートパーストリング、固定式、5ポジション
その3種類全部を同時に取り上げている教本はほとんどありません。
2種類のスケールポジションを取り上げている教本はありますが、
それぞれが別々に提示され、別々に覚えることになります。

 

本書では1つのスケールポジションを変形させることで、
残り2種類のスケールポジションを派生させています。
そして、

「3つのスケールポジションの共通部分、および相違部分」

を指板図上で明確にすることで3つのスケールポジションを
別々に捉えるのではなく、関連付けて捉えることができます。

興味のある方は是非読んでみてください。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)