「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感・相対音感・無音感?(其の四)

 

「人間の感覚が周波数比に対応」

していることは疑いのない事実だと思います。

 

ただ、

「音を周波数比で認知している」

とこれまで簡単に言ってきましたが、
実は

「大きな謎」

が1つ残ります。

 

当然のことですが、

基準がなければ比をとることはできません。

 では、何を基準とするか?

「基準の選定」

はどのように行われているのでしょうか?

 

残念ながら、この基準の選定も

「無意識下」

で行われるため、どのような処理が内部的に
行われているかをうかがい知ることはできませんが、
結果的にその基準は

「調性上の主音」

と一致します。

と言うよりも、人間が周波数比を認知する上での基準が
音楽理論上での「調性上の主音」になったと考えられます。

 

「自分には音感がない」

と考えている人も、実は無意識下では
ちゃんと調性上の主音を探し当てているからこそ、
正しく音を周波数比で捉えることができ、
また移調した曲も同じ曲と分かり、
移調した伴奏に合わせて歌うこともできると
考えられます。

(次回に続く・・・)

 

絶対音感・相対音感・無音感?

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)