読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感、相対音感にまつわるウソ、ホント(其の八)

 

絶対音感は音を比較しない、
 相対音感は音を比較する」

と言うイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、実際には絶対音感も相対音感も観測点が違うだけ
どちらも音を周波数比で捉えていると考えられます。

つまり、

「(周波数)

で捉えていると言うことは、

「(音を)比較している」

と言うことになります。

 

ただし、この作業は人間が音を認知する過程で

「無意識下」

に行われるため、実際に音を比較すると言う作業が
意識的に行われる訳ではありません。

 

相対音感ではキーに関係なくメジャースケールが全て

「ドレミファソラシド」

つまり、

「階名(移動ド)」

で聴こえます。

その際、音を比較すると言った意識的なプロセス
やはり一切存在しません。

 

また、移調したメロディが同じメロディと分かるのも、
移調した伴奏に合わせて歌うのも全て感覚的なもので、
意識的なプロセスや論理的なプロセスは一切存在せず、
またそのために特別な訓練も必要ありません。

 

こうした感覚は絶対音感保持者には分からないかも知れませんが、
この事実から推測するに人間には元来、
音のまとまり(ゲシュタルト)からその中心を求め、
その中心を観測点(基準)とした周波数比、
つまりクロマを無意識下で認知する能力を備えていると
考えられます。

 

そして、この周波数比の観測点が音楽理論上の

「調(調性上の主音)」

になります。

(次回に続く・・・)

 

絶対音感、相対音感にまつわるウソ、ホント

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (まとめ)