読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感、相対音感にまつわるウソ、ホント(其の七)

 

絶対音感音高を、
 相対音感は音程を判別する」

これも確かに表面的にはそのように見えるかも知れませんが、

「実は大きな勘違い、思い違いをしているのでは?」

と私は考えています。

 

人間の音に対する感覚が、

「それが脳のどの部分でどのように認知されているか?」

と言った具体的なことはまだ分かっていないようですが、

「周波数比」

に対応していることは疑いのない事実だと思います。

 

そして、人間はこの周波数比に対応した感覚に対して、

調、音名、階名、音程、度数・・・

と言った音楽理論上の概念を当てはめていると
考えられます。

 

このとき、周波数比を捉えるための

「感覚上の観測点(基準)」

が特定のピッチに固定されている(絶対音感の)場合、
結果的に周波数比に対応した感覚は

「特定の座標(特定のピッチ)」

つまり、

「音高」

と1対1で対応するために
あたかも音高を指し示しているように、

また、周波数比を捉えるための観測点が
フレキシブルに移動する(相対音感の)場合、
結果的に周波数比に対応した感覚は

「幅(観測点との距離)」

つまり、

「音程」

を指し示しているように表面的には
見えるかも知れませんが、
見方を変えればどちらも

観測点を基準とした「音高」

を捉えているとも言えるし、

観測点との「音程」

を捉えているとも言えます。

(次回に続く・・・)

 

絶対音感、相対音感にまつわるウソ、ホント

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (まとめ)