「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感、相対音感にまつわるウソ、ホント(其の五)

 

本ブログでは度々登場していますが、
「ドレミファソラシド」「音律」と呼ばれる

「周波数比」

が基盤になっています。

 

この周波数比の違いが人間には

「クロマ」

として認知されます。

 

(周波数)と言うことは(音を)比較すると言うこと、
そして、比を捉えるためには基準となる概念が必要です。

絶対音感と相対音感の違いはこの基準の違い
言い換えれば、

「観測点の違い」

だと私は考えています。

 

つまり、

絶対音感はトーン・クロマ+トーン・ハイト、
 相対音感はトーン・ハイトで判別する」

のではなく、

絶対音感も相対音感も
 トーン・クロマ+トーン・ハイトで判別する」

と考えられます。

 

そして、どこが違うかと言えば、

「クロマを認知するための観測点(基準)が違う」

と言うことになります。

 

では、

「観測点の違うとどうなるか?」

はこちらの記事が参考になると思います。

絶対音感と相対音感の違いをボールに例えると(其の一)

 

おそらく相対音感の場合は観測点(基準)が
トーン・ハイト次元で上下に移動するため、
あたかもトーン・ハイトで判別しているように
勘違いしてしまったのではないでしょうか?

(次回に続く・・・)

 

絶対音感、相対音感にまつわるウソ、ホント

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (まとめ)