読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感、相対音感にまつわるウソ、ホント(其の二)

音感の正体

 

絶対音感を身に付けると左脳が2倍に発達する」

と聞いて、みなさんはどのような印象を受けますか?

 

単に「2倍」と言ってもその対象は何なのか?
「大きさ」を指しているのか?
それとも「能力」「働き」を指しているのか?

また、何と比べて2倍なのか?
絶対音感のない人の左脳」と比べて2倍なのか?
「(その人の)右脳」と比べて2倍なのか?

実はそれ自体、実体を持たない

「非常に曖昧な表現」

であることが分かります。

 

しかし、何か良く分からないけど、

絶対音感はすごい能力」

と言う漠然とした印象を受けた人も
少なからずいるのではないでしょうか?

 

絶対音感 (新潮文庫)

絶対音感 (新潮文庫)

 

 

絶対音感を身に付けると左脳が2倍に発達する」

と主張する人達がこぞってその根拠としているのは、
最相葉月さんの『絶対音感』でも取り上げられていますが、
科学誌「サイエンス」(1995年2月3日)に掲載された
ゴットフリード・シュラーグ博士の論文、

「In Vivo Evidence of Structural Brain Asymmetry in Musicians」

になります。

 

この論文はタイトルからも分かる通り、

「アシンメトリー」、つまり「脳の非対称性(左右差)」

を調査していて、そのデータからは

絶対音感の左脳は右脳のおよそ2倍の面積」

と言う内容を確かに読み取ることはできます。

 

しかし、これは裏を返せば、

絶対音感の右脳は左脳の半分の面積」

と考えることもできます。

 

この辺りはこちらの記事で詳しく解説しているので、
是非参照してみてください。

続「絶対音感は左脳が発達」のウソ(其の一)

続「絶対音感は左脳が発達」のウソ(其の二)

 

上記の記事を読まれて、みなさんはどう判断しますか?

(次回に続く・・・)

 

絶対音感、相対音感にまつわるウソ、ホント

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (まとめ)