「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感、相対音感にまつわるウソ、ホント(其の一)

 

これらは書籍やネット上で見掛ける

絶対音感、相対音感に関する説明」

をまとめたもので、おそらくみなさんも目にしたものが
あるのではないでしょうか?

 

絶対音感を身に付けると左脳が2倍に発達する

絶対音感は一度身に付けると失われることはない

絶対音感音名のクロマを聴き分ける

絶対音感はトーン・クロマ+トーン・ハイト、
 相対音感はトーン・ハイトで判別する

・大人になるにつれ、
 トーン・クロマへの依存傾向が減少し、
 トーン・ハイトへの依存傾向が増加する

絶対音感音高を、
 相対音感は音程を判別する

絶対音感は音を比較しない、
 相対音感は音を比較する

絶対音感は音を1つ1つ個別に捉えるために
 音楽的な連なりとして捉えることができない

絶対音感と相対音感は共存できる

絶対音感は大人になってからでは身に付かないが、
 相対音感は大人になってからでも身に付く

 

さて、みなさんはこの中にいくつ

「ウソ」

が含まれていると思いますか?

どれもありがちな説明で、
もしかしたらみなさんの中には

「全てホントでは?」

と考えている人もいるかも知れません。

 

しかし、結論から言ってしまえば、

「実は全てウソ」

だと私は考えています。

 

もちろん絶対音感、相対音感に関しては
人それぞれ捉え方、考え方も違うでしょう。

その定義によって一概にウソ、ホントと
決め付けることもできませんが、
その辺りも含め次回からは私独自の視点から
絶対音感、相対音感まつわるウソ、ホントを
検証していきたいと思います。

(次回に続く・・・)

 

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

 

 

実は絶対音感的な考え方」は非常に単純で直感的に分かりやすく、
絶対音感のない人もつい知らず知らずのうちに絶対音感的な
考え方をしてしまっていることがあります。

そこで本書は

絶対音感のない人はどう考えるべきか?」

についてクロマと言う概念を用いて、
図説を交えながら解説しています。

興味のある方は是非読んでみてください。

 

絶対音感、相対音感にまつわるウソ、ホント

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (まとめ)