読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

3倍高密ピアノと音感の深い関係(其の三)

 


3倍めぐる「四季(春)」 - YouTube

 

「3倍高密ピアノ」上で1/6音単位に移調した場合、
絶対音感のように

「ピッチがずれている」

と感じることが、
またピッチのずれが気持ち悪いと感じることが果たして

「音楽を音楽として聴くために必要な感覚」

と言えるのでしょうか?

 

実はみんな大きな思い違いをしていて、
逆にそこで

「ピッチがずれていると感じないことにこそ、
 大きな意味があるのでは?」

と私は考えています。

 

絶対音感のない人は1/6音単位で転調した場合、
転調した瞬間はピッチがずれたように聴こえますが、
何音か聴いているうちにピッチがずれていると言う感覚は
すぐに自然となくなります。

 

これはカメラのレンズのピントのように
転調先の最初の何音かを聴くだけで、

「転調先の調にピッチを合わせると言う作業が
 ごく僅かな時間の間に行われている」

と考えられます。

 

だからこそ、

「ピッチがずれている」

と感じることなく、また気持ち悪いと感じることなく、
音楽を聴くことができるのではないでしょうか?

 

よく考えてみたら、すごい能力だと思いませんか?

(次回に続く・・・)

 

3倍高密ピアノと音感の深い関係

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)