読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

続「絶対音感は左脳が発達」のウソ(其の九)

音感の正体

 

絶対音感は調性が分からない」

と主張する人がいる一方、

ハ長調にはハ長調の調性が、ト長調にはト長調の調性があり、
 その違いを判別できる」

と言う絶対音感保持者もいます。

 

しばしば「調」の意味合いで「調性」と言う言葉を
使う人が見受けられますが、

「調(Key)」「調性(Tonality)」

全く異なる概念です。

 

また、「調性格」の意味合いで「調性」と言う言葉を
使う人も見受けられますが、言葉は似ていても
これもまた全く異なる概念です。

 

先ほどの「ハ長調の調性」、「ト長調の調性」と言った表現は
調性ではなく、調や調性格を指している、もしくは
本来の調性とは違う意味で使われているのではないでしょうか?

 

「調性は周波数から生じる」

と私は考えています。

 

例えば「ド」は音律上、周波数比が「1:1」になりますが、
周波数比が「1:1」と言うことは、
周波数比を捉えるための基準と「ド」の音は
「周期」がピッタリ一致すると言うことです。

これが安定した響き、つまり

「調性上の主音」

性格、役割を生じさせていると考えられます。

 

また、「シ」の周波数比は1オクターブ「1:2」
わずかに届かない比率になり、微妙に周期が一致しません。

これが不安定な響きを生じ、
そして主音に解決しようとする力、つまり

「調性上の導音」

の性格、役割を生じさせていると考えられます。

 

つまり、正しい調性を感じ取るためには、
正しい周波数比を捉える必要があります。

正しい周波数比を捉えるためには、
周波数比を捉えるための基準を

「調性上の主音」

に合わせる必要があります。

 

そのため、周波数比を捉えるための基準が
特定のピッチに固定されたスタティックな音感では

「正しい調性を感じ取ることができないのでは?」

と私は疑いを持っています。

(次回に続く・・・)

 

続「絶対音感は左脳が発達」のウソ

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)