「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

続「絶対音感は左脳が発達」のウソ(其の七)

 

「実は絶対音感保持者は頭の中に単音(単独)で
 階名の『ド』をイメージすることができないのでは?」

と私が予想する理由は何でしょうか?

 

「其の四」絶対音感訓練の子供の例からも分かるように、
絶対音感はダイナミックな音感の発現が
抑制されることで実現、つまり

「階名(移動ド)の『ド』を『ド』と感じる感覚」

を持ち合わせていないと考えられます。

 

おそらく絶対音感保持者には
全ての調において階名の「ド」が持つ
普遍的な固有の響き、感覚と言うものが存在する訳ではなく、
音の流れの中で、例えばハ長調なら音名「C」の音、
ト長調なら音名「G」の音が調性上の主音、
つまり階名の「ド」であることが

論理的、経験的判別されているのでは?」

と私は考えています(それを「相対音感」と称している)。

 

しかし、それはダイナミックな音感が感覚として
捉えている階名とは本質的に異なります。

 

そもそも、周波数を捉える基準が異なる時点で、
階名と言う概念そのものが全く別のもの
なってしまうのは当然のことです。

 

ここで仮に絶対音感を「音名を判別する能力」、
相対音感を「階名を判別する能力」と単純化し、

絶対音感と相対音感の共存

を図に表してみると、

 

f:id:raykawamoto:20140816203652g:plain

 

このように絶対音感と相対音感が「並列」
並んでいるのではなく、

 

f:id:raykawamoto:20140816203707g:plain

 

このように「直列」に並んでいると考えられます。

 

つまり、絶対音感上では階名と言う概念は
音名と言う概念があって初めて存在し得る、
音名を「1次的な情報」とするなら、
階名は音名から派生した

「2次的な情報に過ぎないのでは?」

と私は考えています。

 

絶対音感は音名のクロマを聴き分ける」

と言われていますが、実際には

「音名にクロマは存在しない」

と私は考えています(詳細は次の記事を参照してください)。

絶対音感と相対音感の定義について(其の三)

絶対音感と相対音感の定義について(其の四)

 

スタティックな音感上では周波数を捉えるための基準が
特定のピッチに固定されたまま動かすことができないため、
周波数比自体も常に特定のピッチを指すことになります。

 

結果的に周波数が生み出す響き、感覚(つまりクロマ)は
ダイナミックな音感上では「階名」に対応するのに対し、
スタティックな音感上では「音名」に対応することになります。

 

そのために絶対音感保持者は音名にクロマが存在するように
錯覚しているだけだと私は考えています。

(次回に続く・・・)

 

続「絶対音感は左脳が発達」のウソ

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)