「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

「調」と「モード」(其の六)

 

12の調とメジャー/マイナーの2つのモード(旋法)
全部で24通りの組み合わせが存在しますが、
これをクロマの組み合わせで分類してみましょう。

 

本来モードは

「クロマの組み合わせ」

なので移調してもモード、
つまりクロマの組み合わせは変わらないため、

・メジャーモード「ドレミファソラシ」
・マイナーモード「ドレミ♭ファソラ♭シ♭」

2通りになります。

 

しかし、絶対音感上で移調すると同じモードでも
クロマの組み合わせが変わってしまいます。

ただし、例えばハ調長旋法(ハ長調)とイ調短旋法(イ短調)、
つまり平行調のときに同じクロマの組み合わせになり、
クロマの組み合わせは調の数の12通りになります。

 

この違いが音の聴こえ方、音楽的な考え方に
どのような違いを生じさせるのか?

みなさんも一度考えてみてはいかがでしょうか?

(次回に続く・・・)

 

 

「調」と「モード」

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七)