「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

「調」と「モード」(其の五)

 

絶対音感は音名のクロマを聴き分ける」

と言われていますが、実際には

「音名にクロマは存在しない」

と私は考えています(詳細はこちらを参照)

 

しかし、絶対音感が音名にクロマを感じると言うことは、
絶対音感者のように周波数を捉えるための基準、
つまりクロマを認知するための基準が
ダイナミック(動的)に変化するのではなく
特定のピッチに固定されている必要があります。

 

つまり、絶対音感者がクロマを認知するときには
非常に重要となる「調」と言う概念そのものが、
絶対音感者がクロマを認知するタイミングには
存在していないことになります。

 

では、

絶対音感者にとって調は具体的に
 どのような概念なのか?」

 

この辺りは

絶対音感と相対音感の共存に関する考察(其の三)

で取り上げた「階名」と同様、
絶対音感者が捉えている「調」とは
似て非なる別の概念ではないか?
と私は疑いを持っています。

(次回に続く・・・)

 

「調」と「モード」

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七)