読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

「調」と「モード」(其の三)

 

トーン・クロマ次元からこの

「調」と「モード」

と言う概念を考えてみたいと思います。

 

「ドレミファソラシド」「音律」と呼ばれる
「周波数が基盤になっていてます。

 

また、「(周波数)を捉えるには
「(音を)比較する必要があります。

 

そして、音律上「ド」は周波数「1:1」
つまり人間は「ド」を周波数を捉えるための
基準としていると言う話を以前しました。

 

単刀直入に言えば、

「調は人間が周波数を捉えるための基準、
 言い換えればクロマを認知するための基準」

と考えることができます。

 

元々音楽上に調と言う概念が存在した訳ではなく、
人間には元来音を周波数で捉える能力が備わっていて、
そしてその基準となる概念が音楽上では「調」
呼ばれる概念になったと私は考えています。

 

なお、「調」は訓読みで「しらべ」と読むため、
イメージ的にはメジャー、マイナーのように
「モード(旋法)」連想させますが、
その議論は置いておき、本ブログでは調は
「調性上の主音」として話を進めていきます。

 

では、モード(旋法)をトーン・クロマ次元から
考えるとどうなるでしょうか?

(次回に続く・・・)

 

「調」と「モード」

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七)