「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

「調」と「モード」(其の二)

 

今では「調」と言えば、

「調性上の主音の音名」ハ長調の「ハ」の部分)

「モード(旋法)」ハ長調の「長」の部分)

の両方を意味することが多いですが、
「其の一」で取り上げた通り
本来両者は明らかに別々の概念であって、
これらの概念が混同されてしまっては
厳密な話ができなくなってしまうため、
本ブログでは両者を明確に区別します。

 

東川清一先生の著書の中では
ハ長調」、「イ短調」ではなく、

「ハ調長旋法」、「イ調短旋法」

と言った言い回しをされておられましたが、
これなら言葉の意味が非常に明確になります。
さすがは東川先生です。

 

同様に「転調」と言えば、

「メジャー→マイナー(マイナー→メジャー)」

を思い浮かべる人が多いと思いますが、
これも厳密に区別すれば、
調(調性上の主音)が変わるのではなく、
モード(旋法)が変わるので、
この場合は転調ではなく、

「転旋」

と言うことになります。

 

例えば、

属調の「ハ調長旋法→ト調長旋法」は「転調」

同主調の「ハ調長旋法→ハ調短旋法」は「転

平行調の「ハ調長旋法→イ調短旋法」は「転調転

になります。

 

一般的には「曲の雰囲気が変わる」等の説明で
転調も転も一括りで片付けられてしまうことが多いですが、

「転調効果」と「転旋効果」

ではその意味も効果も全く違うものになります。

(次回に続く・・・)

 

「調」と「モード」

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七)