「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/12/13 「零式相対音感トレーニング~旋法聴音」
17/12/06 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト(解説編)」
17/11/29 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト」
17/11/22 「零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)」
17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感とラベリング

 

絶対音感は聴いた音が『ドレミファソラシド』で聴こえる」

そんな風に表現されることがありますが、
もし文字通りに聴いた音が
「音」と言う「感覚的な情報」を通り越して、
直接「ドレミ」と言った言葉(符号)のような

「論理的な情報」

として認識されてしまうのであれば、
そんな能力はきっと誰も欲しがらないでしょう。

 

人間が音楽を美しいと感じるのは、
音と言う感覚的な情報に対してであって、
決して「ドレミ」と言った言葉(論理的な情報)に
対してではないはずです。

 

これは人間が絵を美しいと感じるときに
いちいちこの色は赤、この色は青と言った言葉に
変換する必要がないのと同じです。

 

また、トマトの絵を描くときに
赤と言う言葉を介すことなく、
誰でも赤い絵の具を選ぶことができると思います。
これは赤いと言う視覚的な感覚そのもの
認識、識別できているからです。

 

しかし、人間は生まれたときから
そうした識別、認識ができる訳ではなく、
後天的に学習されるものだと思われますが、
そのときにその概念に名前を付けてあげること
認識、識別しやすくなるそうです。

 

これを「命名効果」と言い、
「ドレミファソラシド」もこの命名効果に
該当すると考えられます。

 

ただし、音高と音名(の符号)が過剰に紐付けられてしまうと、

「歌を聴いても歌詞が耳に入ってこない」

「音楽を聴きながら読書ができない」

と言った弊害が起こることもあるようです。

(了)