「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

電子出版に最適なフリーフォント

 

今回、Amazon KDPより電子書籍を出版するにあたり、
1つの問題が浮上。

それは本の中で使用する図説の

ォント」

です。

 

当初はパソコンにプレインストールされていた
フォントを使って図説を作成していたのですが、
紙の媒体と電子書籍のようなデジタルコンテンツでは
ライセンス体系が違うようで(後者のほうがかなりお高い)、
急遽予定を変更してフリーフォントを探すことに・・・

 

フリーフォントはたくさんありますが、
日本語で商用利用が可能となると
かなり選択肢がかなり狭まれてきます。

結論から言えば、

「IPAフォント」最高です。

 

このフォントは国家試験『情報処理技術者試験』等の
管理をしている独立行政法人

情報処理推進機構

が提供しているものです。

 

このフォントは日本語でもちろん商用利用可能、
その他の制約もあまり厳しくなく、
さらに明朝ゴシックの2種類用意されており、
可読性もよく、文句の付け所がありません。

もちろん電子書籍だけでなく、本ブログでも
既に利用させてもらってます。

 

もしこれから電子書籍を出版してみたいと
考えている人は是非参考にしてみてください。

 

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

 

 

IPAフォントを使用した図説を交えながら
音感について1冊の本にまとめてみました。

本書には難しい音楽理論も五線譜も数式も登場しませんので、
お気軽に読んでください。

(了)