「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感の終焉(其の八)

 

海外では日本ほど絶対音感への関心が高くないと聞きます。

 

また、『歌うネアンデルタール』によると、

「西洋では絶対音感への依存が言語学習にも音楽学習にも
 有害だと考えられている」

とあります。

 

歌うネアンデルタール―音楽と言語から見るヒトの進化

歌うネアンデルタール―音楽と言語から見るヒトの進化

 

 

その理由については、

「過剰に特化した分類枠」

と表現していますが、
これは絶対音感では移調したメロディが感覚的
別のメロディと認識されてしまうのと同様に、
言語学習時に同じ言葉、同じイントネーションでも
話し手のピッチが違えば、

「同じ言葉として認識が困難」

になる危険性が考えられます。

 

また、同著には

「(言語学習に問題のある)自閉症や音楽サヴァンには絶対音感が多い」

と言う研究結果も取り上げられていますが、

絶対音感の実現」「脳の発達(未発達)」

との関連性、みなさんは気になりませんか?

 

また、こうした内容は

「絶対音感は左脳が発達」のウソ(まとめ)

で取り上げたJulian Paul Keenan氏の

絶対音感者の右脳(側頭平面)は絶対音感者よりも小さい

と言う研究結果との関連性も気になるところです。

 

絶対音感訓練は成功例の影に

「たくさんの失敗例」

もあったでしょう。
そうした失敗を繰り返し、訓練が改良され、
その成功率は上がっているのかも知れませんが、
そもそも

「どうしてそれで絶対音感が身に付く(維持される)のか?」

「その訓練が脳にどのような作用を及ぼしているのか?」

と言った肝心なことがよく分からないままに
訓練が実施されているのが現状ではないでしょうか?

(次回に続く・・・)

 

絶対音感の終焉

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (まとめ)