読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感が否定される理由(其の一)

 

みなさんは

絶対音感

を手に入れたいと思いますか?

 

一般的には「はい」と答える人が多いのかも知れませんが、
逆に絶対音感に対して

「否定的な意見」

も決して珍しくはありません。

 

絶対音感を手に入れたいと思っている人にとっては、
どうして否定的な意見が存在するのかが理解できない人も
いるかと思います。

そこで今回はその構図をごくごく簡単ではありますが、
私なりに噛み砕いて説明してみたいと思います。


まず、

「音楽的に重要なのは相対音感」

と言われています。

 

f:id:raykawamoto:20150219200845g:plain


多くの人はここに

「プラスαの能力」

としての絶対音感を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

f:id:raykawamoto:20150219200857g:plain

 

プラスαの能力を身に付けることで、

「どうして否定されなければならないのか?」

と考えるのは当然かも知れません。

 

実は、

「相対音感を先に身に付けてしまうと、
 絶対音感は(後から)身に付けることができない」

つまり、

絶対音感は相対音感より先に身に付けなければならない」

と言われています。

 

f:id:raykawamoto:20150219200911g:plain

 

そして、絶対音感を否定する人の意見は以下のようなものです。

絶対音感と相対音感は相反する能力で共存できない
絶対音感は相対音感の習得を妨げる

 

f:id:raykawamoto:20150219200921g:plain

 

その他にも、

絶対音感平均律が前提の能力で、純正律で音を作れなくなる

と言った意見もありますが、いずれにせよ絶対音感を身に付けることで

・音楽的に重要な相対音感が身に付かなくなる(身に付きにくくなる)
・音楽的にマイナスに作用する

と言うのが否定派の意見のようです。

 

しかし、

絶対音感と相対音感は排他的な能力ではなく、共存できる
絶対音感があっても相対音感は習得できる

と言う正反対の意見もあります。

 

この辺りは結局のところ、

絶対音感と相対音感の定義について(其の一)

でも取り上げましたが、絶対音感と相対音感の定義自体が曖昧で、
人によって解釈が違うような概念で議論をしていても
話が噛み合うはずもなく、何年たっても未だに白黒のつかない
議論を続けているのが現状ではないでしょうか?

(次回に続く・・・)

 

絶対音感が否定される理由

(其の一) (其の二) (其の三)