「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/12/13 「零式相対音感トレーニング~旋法聴音」
17/12/06 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト(解説編)」
17/11/29 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト」
17/11/22 「零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)」
17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感が否定される理由(其の一)

 

みなさんは

絶対音感

を手に入れたいと思いますか?

 

一般的には「はい」と答える人が多いのかも知れませんが、
逆に絶対音感に対して

「否定的な意見」

も決して珍しくはありません。

 

絶対音感を手に入れたいと思っている人にとっては、
どうして否定的な意見が存在するのかが理解できない人も
いるかと思います。

そこで今回はその構図をごくごく簡単ではありますが、
私なりに噛み砕いて説明してみたいと思います。


まず、

「音楽的に重要なのは相対音感」

と言われています。

 

f:id:raykawamoto:20150219200845g:plain


多くの人はここに

「プラスαの能力」

としての絶対音感を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

f:id:raykawamoto:20150219200857g:plain

 

プラスαの能力を身に付けることで、

「どうして否定されなければならないのか?」

と考えるのは当然かも知れません。

 

実は、

「相対音感を先に身に付けてしまうと、
 絶対音感は(後から)身に付けることができない」

つまり、

絶対音感は相対音感より先に身に付けなければならない」

と言われています。

 

f:id:raykawamoto:20150219200911g:plain

 

そして、絶対音感を否定する人の意見は以下のようなものです。

絶対音感と相対音感は相反する能力で共存できない
絶対音感は相対音感の習得を妨げる

 

f:id:raykawamoto:20150219200921g:plain

 

その他にも、

絶対音感平均律が前提の能力で、純正律で音を作れなくなる

と言った意見もありますが、いずれにせよ絶対音感を身に付けることで

・音楽的に重要な相対音感が身に付かなくなる(身に付きにくくなる)
・音楽的にマイナスに作用する

と言うのが否定派の意見のようです。

 

しかし、

絶対音感と相対音感は排他的な能力ではなく、共存できる
絶対音感があっても相対音感は習得できる

と言う正反対の意見もあります。

 

この辺りは結局のところ、

絶対音感と相対音感の定義について(其の一)

でも取り上げましたが、絶対音感と相対音感の定義自体が曖昧で、
人によって解釈が違うような概念で議論をしていても
話が噛み合うはずもなく、何年たっても未だに白黒のつかない
議論を続けているのが現状ではないでしょうか?

(次回に続く・・・)

 

絶対音感が否定される理由

(其の一) (其の二) (其の三)