「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感と相対音感の定義について(まとめ)

 

絶対音感「相対音感」に関する疑問や私なりに思うことを
7回にわたって徒然と書いてきました。

 

「其の一」では絶対音感も相対音感も
「how」(それがどのように実現されているか)ではなく、
「which」(表面的な結果)を基準として定義されているために、
人それぞれ捉え方が変わってしまう(結果的に話が噛み合わない)
と言う話をしました。

 

「其の二」では聴いた音を「符号化」してしまえば
論理的な処理が可能になりますが、
論理的に処理してしまえば何でもできてしまいます。

「論理的な処理」「感覚的な処理」は、例え表面的な結果が
同じだとしても

「本質的には全く別の行為」

で、区別して考えるべきと言う話をしました。

 

「其の三」「其の四」では
一般的に「音名のクロマ」と言われていますが、
音名にクロマが存在した場合の矛盾を追及することで、
実は

「音名にクロマは存在しない」

と言う話をしました。

 

「其の五」「其の六」「其の七」では
一般的に相対音感は「音程を判別する」と言われていますが、
例えば「全全半全全全半」と言う音程が分かったとしても、
「基準」となる概念が存在しない限り、それを
「ドレミファソラシド」と特定することはできないこと。

また、「ドレミファソラシド」は「音律」と呼ばれる
「周波数が基盤になっていますが、
「ドレミファソラシド」が「ドレミファソラシド」と
聴こえると言うことは、人間は音を「(周波数)」で
捉えていると言うこと。

そして、音律上「ド」は周波数「1:1」
つまり「ドレミファソラシド」が「ドレミファソラシド」と
聴こえると言うことは、

「『ド』を周波数比の基準として音を捉えている」

と言う話をしました。

 

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

 

 

本書ではこうした考えを踏まえ、
絶対音感」、「相対音感」とはまた違った角度から音感を定義し、
音感について考え直してみました。

興味のある方は是非読んでみてください。

(了)

 

絶対音感と相対音感の定義について

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (まとめ)