「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感と相対音感の定義について(其の六)

 

正直に白状すると、私には

「一般的な相対音感の定義が
 よく分かりません。」

 

「相対音感は音程を、
 絶対音感音高を判別する能力」

と説明されることもありますが、
私なりの解釈では「相対」と言う言葉から絶対的な基準がなく、

「どの音からでも一様に音程を判別する能力」

を連想させますが、みなさんはいかがですか?

 

しかし、例えばメジャースケールを聴いたとき、

「1音目と2音目の音程は全音
 2音目と3音目の音程は全音
 3音目と4音目の音程は半音・・・」

と言った具合に、いわゆる

「全全半全全全半」

と言う「音程」で聴こえてくると言う人はいますか?

 

おそらく多くの人は「全全半全全全半」と言う音程よりも先に

「ドレミファソラシド」

と言う「階名」で聴こえてくるのではないでしょうか?

 

音程が分かったとしても「基準」となる概念が存在しない限り、
決して「全全半全全全半」と言う音程を

「ドレミファソラシド」

と特定することはできません。

 

音律上、「ド」は周波数「1:1」になります。
メジャースケールが「ドレミファソラシド」と
聴こえると言うことは、つまり人間は

「『ド』を周波数比の基準として音を捉えている」

と言うことです。

 (次回に続く・・・)

 

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

 

 

絶対音感と相対音感の定義について

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (まとめ)