「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

「絶対音感は左脳が発達」のウソ(補足)

 

誤解がないようにお伝えしておきますが、
絶対音感』(最相葉月さん著)や朝日新聞(1995年2月10日夕刊)の中では

絶対音感者の左脳が非絶対音感者の左脳に比べて大きい」

と言った表現はなく、あくまでも右脳に比べて左脳が大きい、
つまり「左右差」について取り上げていて、
『サイエンス』誌の記事の内容を正しく伝えています。

 

絶対音感 (新潮文庫)

絶対音感 (新潮文庫)

 

 

ただし、『絶対音感』や朝日新聞の中で登場する「40%」と言う数字が
どこからきているのかが私には確認できませんでした
(『サイエンス』誌の記事の中では「twice」と言う表現が出てきます)。

「この40%と言う数字がどこからきたのか?」

どなたか分かる方はいらっしゃいませんか?

 

それともう一点、『絶対音感』の中ではこの研究を行ったのは

「シュウラク博士」

と記載されていますが、おそらくは

「シュラーグ博士」(Schlaug)

が正しい表記だと思われます。

 

なお、朝日新聞では

「シュラウク博士」

と表記されていました。

(了)

 

絶対音感は左脳が発達」のウソ

(前半) (後半) (まとめ) (補足)

 

続「絶対音感は左脳が発達」のウソ

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)