「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/12/13 「零式相対音感トレーニング~旋法聴音」
17/12/06 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト(解説編)」
17/11/29 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト」
17/11/22 「零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)」
17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

「絶対音感は左脳が発達」のウソ(前半)

 

絶対音感」「左脳」「2倍」

と言ったキーワードをネットで検索すれば大量のサイトがヒットします。

 

これは『絶対音感』(最相葉月さん著)でも取り上げられていますが、
科学誌「サイエンス」(1995年2月3日)に掲載された記事、

「In Vivo Evidence of Structural Brain Asymmetry in Musicians」

が根拠になっているようです。

 

絶対音感 (新潮文庫)

絶対音感 (新潮文庫)

 

 

しかし、この記事に改めて目を通してみると、

絶対音感は左脳が発達していると主張している人達は
 果たして本当にこの記事を読んているのか?」

と言う疑問が生じます。と言うのは、この記事は

絶対音感者と絶対音感者の脳(正確には側頭平面)の
 対称性(つまり、左右差)」

を比較しているのであって、決して

絶対音感者と絶対音感者の左脳の大きさそのもの

を比較している訳ではありません。つまり、

絶対音感者の左脳が絶対音感者の左脳よりも大きい」

かどうかについては一切触れていません。

 

右脳に比べて左脳が大きい」と言うことは、
裏を返せば「左脳に比べて右脳小さいと言うことです。
(左脳が大きくなくても、右脳が小さければ当然左右差は大きくなります)


実際、この記事の検証データを見たときに何よりもまず目に付くのは
絶対音感者の「脳の左右差」「左脳の大きさ」ではなく、

 

絶対音感者の右脳が明らかに小さいこと」

 

です(左脳に関しては絶対音感者がほんのわずかに大きい)。

 

絶対音感の音楽家」の右脳は「絶対音感の音楽家」だけでなく、
絶対音感音楽家」と比較しても明らかに小さく
この検証データから絶対音感者の脳の非対称性が左脳の発達によって起こる
と言う考え方自体、非常に無理があるように私には感じられます。

 

実際のデータはこちらの記事を参照してください。

続「絶対音感は左脳が発達」のウソ(其の一)

 

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

 

 

実はこうした事実は私が本を書き上げた後の調査で分かったことで、
本書では取り上げていません。ただ本書の中でも触れていますが、

絶対音感は脳の発達を『抑制』することで実現しているのでは?」

と私は疑いを持っているので、
この件については引き続き調査したいと思います。

(次回に続く・・・)

 

絶対音感は左脳が発達」のウソ

(前半) (後半) (まとめ) (補足)

 

続「絶対音感は左脳が発達」のウソ

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)