「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/12/13 「零式相対音感トレーニング~旋法聴音」
17/12/06 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト(解説編)」
17/11/29 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト」
17/11/22 「零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)」
17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

『絶対音感の終焉』へようこそ!

さて、いきなりですがここで「クイズ」です。 これは、 「絶対音感と脳(側頭平面)の発達」 を主張する人達がこぞってその根拠としているシュラーグ博士の論文(米サイエンス誌、1995/2/3)から抜粋した実際のデータです。 「A、B、Cのうち、 絶対音感の…

零式相対音感トレーニング~旋法聴音

・提示された「旋法」を答えます。 ・出題は全部で10問です。・動作環境…FF Chrome、IEはNG、その他 開始 長短(旋律的)短(和声的)短(自然的) もう一度聴く // " + "あなたの成績は…" + buf + "" + count + "問中、" + good + "問正解です。" + "所要時間:…

絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト(解説編)

「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト」 の解説編です。 今回の可聴域テストの元ネタは以前、 「モスキート音、耳年齢」 と言ったタイトルでいくつかのサイトで紹介されたこともあるのでご存知の方も多いかも知れませんが、ニュー…

絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト

・1問ごと徐々に音が高くなっていき、 聴こえなくなった時点でテスト終了。 ※テストは1回だけにしてください。・動作環境…FF Chrome、IEはNG、その他・解説記事はコチラ。メニューに戻る 開始 聴こえる 聴こえない // " + "あなたの高音の可聴域は…" + buf…

零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)

「零式相対音感トレーニング~和音聴音」 の解説編です。 いきなり全ての和音を聴き分けるのは難しいので、本トレーニングでは、 「テーマ」 で出題される和音を絞り込み、まずは3、4個の和音からスタートします。 テーマは下記のように構成音が1音だけ違…

零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)

【零式相対音感トレーニング~和音聴音】 にて出題される和音を、 「テーマ」 で絞り込めるようにしました。 それから、 「もう一度聴くボタン」 を追加しました。 テーマは基本的に、 「構成音が1音だけ違う和音」 を一括りにしてあります(3~4つの和音…

零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)

【零式相対音感トレーニング~和音聴音】 にて出題される和音の種類に以下の四和音を追加しました。 ・M7(R, M3, P5, M7)…長三和音に長7度を加えたもの・7 (R, M3, P5, m7)…長三和音に短7度を加えたもの・6 (R, M3, P5, M6)…長三和音に長6度を加え…

零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)

【零式相対音感トレーニング~和音聴音】 にて出題される和音の種類を3つ追加しました。 ・sus4(R, P4, P5)…長三和音の3度を半音上げたもの・M-5(R, M3, -5)…長三和音の5度を半音下げたもの・m+5(R, m3, +5)…短三和音の5度を半音上げたもの

零式相対音感トレーニング~和音聴音

・提示された「和音」を答えます。 ・出題は全部で10問です。・動作環境…FF Chrome、IEはNG、その他・解説記事はコチラ。メニューに戻る テーマ 開始 Mmsus4augdimM-5m+5M776mM7m7m6 もう一度聴く // " + "テーマ:" + selMode.options[selMode.selectedIn…

ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)

「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」 の解説編の続きです。 1オクターブを2等分すると、 「トライトーン」 になります(2段目)。 ちなみに「2^(1/2)≒1.41421356」、いわゆる、 「ルート2」 です。 1オクターブを3等分すると、 「…

ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)

続いては、 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」 の解説編です。 1オクターブを2等分するとその振動比は、 「2^(0/2), 2^(1/2), 2^(2/2)」 3等分すると、 「2^(0/3), 2^(1/3), 2^(2/3), 2^(3/3)」 n等分すると、つまりn平均律の振…

ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)

・ある一定の法則で音が並んでいます。 自分の耳(絶対音感 or 相対音感)を頼りに、 「ドレミファソラシド」を探し出しましょう。・動作環境…FF Chrome、IEはNG、その他・解説記事は1、2。メニューに戻る 0/11/10/21/22/20/31/32/33/30/41/42/43/44/40/51…

ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)

「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」 の解説編の続きです。 前回は長音階「ドレミファソラシド」でしたが、今回は短音階(自然的短音階)、 「ドレミ♭ファソラ♭シ♭ド」 を探してみましょう。 1オクターブ内には4つの短音程が存在しま…

ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)

「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」 の解説編です。 2つの音はその振動比(周波数比)が単純なほど、 「協和する」 と言われています。 そこで1オクターブ内に存在する整数比のうち、分母が1~8までのものを全て列挙したのが前回の…

ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)

・ある一定の法則で音が並んでいます。 自分の耳(絶対音感 or 相対音感)を頼りに、 「ドレミファソラシド」を探し出しましょう。・動作環境…FF Chrome、IEはNG、その他・解説記事は1、2。メニューに戻る 1/12/12/23/24/23/34/35/36/34/45/46/47/48/45/56…

絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)

本ブログで公開している8つの絶対音感テストに独断と偏見で難易度を付けてみました。 ①よくある一般的な絶対音感テスト 難易度★☆☆☆☆ よくある音当て形式(単音の音名聴音)です。 ②15秒でできる絶対音感テスト 難易度★★☆☆☆ 真性絶対音感と相対音感で音を辿…

40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)

「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」 にて選択項目「音指定」を追加しました。 元々はデタラメに鳴らした3音のうち、一番低い音(最低音)を答える仕様でしたが、 ・一番低い音・真ん中の音・一番高い音 の中から回答する音を選択できるように…

40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)

・デタラメに3音を同時に鳴らすので、 指定された音の「音名」を答えます。・出題は全部で10問、 制限時間は3秒/1問です。 ・動作環境…FF Chrome、IEはNG、その他・解説記事はコチラ。メニューに戻る ピッチ:A4= Hz 音指定: 開始 CC♯/D♭DD♯/E♭EFF♯…

50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)

・デタラメに8音を連続で鳴らすので、 その5音目の「音名」を答えます。 ・出題は全部で10問、 制限時間は3秒/1問です。 ・動作環境…FF Chrome、IEはNG、その他・解説記事はコチラ。メニューに戻る ピッチ:A4= Hz 開始 CC♯/D♭DD♯/E♭EFF♯/G♭GG♯/A♭A…

たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)

「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」 の解説編です。 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て」 が音律による周波数の微妙な違いを聴き分ける、 「精度のテスト」 なら本テストは同時に鳴った音を聴き分ける、 「分離能力のテスト」 と言った…

たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)

【たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て】 にて出題される和音は「純正律」でしたが、「平均律」でもテストできるようにしました。 「音律」にて、 ・純正律・平均律 どちらかの音律を選択してください。

たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)

【たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て】 にて、長三和音(メジャートライアド)に加え、 「短三和音(マイナートライアド)」 でもテストできるようにしました。 「和音」にて、 ・長三和音・短三和音 どちらかの和音を選択してください。

たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て

・提示された和音が「第何転回形」かを答えます。 ・出題は全部で10問です。・動作環境…FF Chrome、IEはNG、その他・解説記事はコチラ。メニューに戻る コード 音 律 開始 基本形 第1転回形 第2転回形 もう一度聴く // " + selChord.options[selChord.se…

たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)

前回、前々回のブログ記事、 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」 の解説編です。 相対音感テストと聞いて、 「音程や階名/移動ドを言い当てる」 ような「半音単位の違い」を弁別…

たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)

・提示された3つの長音階の「音律」を答えます。 ピ:ピタゴラス音律、純:純正律、平:十二平均律・動作環境…FF Chrome、IEはNG、その他・解説記事はコチラ。メニューに戻る 開始 決定 もう一度聴く // " + selMetre.options[selMetre.selectedIndex].text…

たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)

・提示された3つの長三和音の「音律」を答えます。 ピ:ピタゴラス音律、純:純正律、平:十二平均律・動作環境…FF Chrome、IEはNG、その他・解説記事はコチラ。メニューに戻る 開始 決定 もう一度聴く // " + selMetre.options[selMetre.selectedIndex].te…

相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)

では、次の式を因数分解してみましょう。 Cd + Dr + Em と言っても今度は共通因数が一切存在しないため、部分的にも因数分解できません。 これは共通因数、すなわち調が存在しない、 「無調音楽」 を表現しています。 調(共通因数)でくくれないと言うこと…

相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)

前回は、 「転調してから実際耳に新しい調が確立するまでの間」 に生じるタイムラグによって、 「新しい調の音が一時的に古い調の中で処理される」 と言う話をしましたが、このとき相対音感では、 「何調に転調したか?」 ではなく、 「5度圏上、5度(4度…

相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)

では、次の式を因数分解してみましょう。 Cd + Cr + Dm + Df + Ds と言ってもご覧の通り上式には共通因数がないため、因数分解できません。 しかし、上式を前半と後半に分けて考えれば、 Cd + Cr + Dm + Df + Ds = C(d+r) + D(m+f+s) のように「部分的」に因…

相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)

前回、相対音感での聴音は因数分解における、 「共通因数でくくる」 と言う操作に例えられると、そして相対音感ではこの共通因数に対応する概念が、 「調(調性上の主音)」 に該当するのでは?と言う話をしました。 Cd + Cr + Cm = C(d+r+m)※Cは「調」、d, …